村主章枝はなぜラスベガスで仕事?起業&移住はバイ公表がきっかけ?

スポーツ

今回は、フィギュアスケートの村主章枝さんについてです。

村主さんと言えば、2006年に行われた女子トリノ五輪に出場し、4位という成績をおさめた日本を代表するフィギュアスケートの選手です!


出典:https://www.huffingtonpost.jp/2014/11/12/suguri-skate_n_6149484.htmld

その村主さんですが、現在はアメリカのラスベガス在住!

ラスベガスと聞いて、なぜラスベガス?結婚したのかな?仕事?。。と思って調べてみたところ、村主さんはご結婚はされていないようですので、お仕事の関係で移住されたのかと想像できます!

そんな村主さんについてこの記事では。。

◎ 村主さんのラスベガスでの仕事は何?
◎ 村主さんがラスベガスに移住したきっかけはバイ公表?

これらについて一緒にご覧いただければと思います。

1 村主さんのラスベガスでの仕事は何?


出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/188942

村主さんは、ラスベガスでどんな仕事をしてどんな生活をされているのでしょうか?

調べてみると『振付師』や『映画制作会社』などのワードが出てきます。

一つずつ見ていきましょう!

◎ 村主さんは振付師として活躍?

村主さんは2018年頃からラスベガスで振付のお仕事をされるようになったようですが、現在は、教え子たちが、様々な大会で成果をだしコーチとして順調に過ごされているようです!

とても、いい関係を築かれているように見えますね♪

でも、アメリカで振付師として、しかも小さい子供相手にするとなるとそれなりの英語力がないといけないのでは?と思いますが、村主さんのご両親はパイロットと客室乗務員で3歳~5歳まではアメリカに住んでいらっしゃったようです。

また、フィギュアスケートの選手時代も海外遠征や海外に居住するなど英語力は問題ないのかもしれません!

これまでに経歴を生かされ、海外で自分の力を発揮されている姿を見ると、とてもかっこよくパワーのある方なんだなと感じます♪

スポンサーリンク

◎ 振付師だけじゃない!映画制作会社を設立?

村主さんは、振付師として活躍されるだけだなく、なんと映画制作会社も設立されています!! 

その会社は「Monkey teer」という名前で、2019年に設立!村主章枝さんは共同創設者という位置づけになっています。

もともとアイスショーをしたいという夢を持っていたという村主さん。設立した会社について次のようにインタビューに答えていらっしゃいます。

アイスショーの勉強をする中で、映像の世界の方々との出会いがあったんです。2019年に制作会社を立ち上げて4本の短編映画を制作。内容は子供の人身売買や統合失調症の方を描いたものから、歴史ファンタジーまで幅広いテーマを扱っています。

私の役割はおもに進行のスケジュールを決めたり、俳優・女優をコーディネートしたり、資金を集めること。資金集めが最も大変ですね。スケートも経費がかかって大変ですが、映画となると、アイスショーの数百倍もの資金が必要です。長編を作るとなると、5000万円ほどの資金が必要になります。

映画祭に出展したところ、昨年1つ、今年は2つの賞をもらうことができました。これがモチベーションになり、今は長編映画を制作中です」

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20220105_1717326.html?DETAIL

なるほど!『アイスショーをしたい』と一歩踏み出した結果、さらに大きな夢が出てきたようですね♪映画は20~25分と短いものだという事ですが、映画祭で賞をいただけるなんて、素晴らしい!

村主さんは監督をつとめているわけではないようですが、振付師も映画も『表現』という観点では同じ!フィギュアスケーターが映画製作!って新しいですがとても興味をそそられます♪

今後は、映画の世界でも活躍、またその経験を踏まえて素敵なアイスショーを開催できそうですよね!とても楽しみです。

スポンサーリンク

2 村主さんがラスベガスに移住したきっかけはバイ公表?

振付師や映画制作など、多方面で活躍されている村主さんですが、なぜ日本ではなくラスベガスだったのでしょうか?

ラスベガスのイメージはというとカジノ!そしてエンターテイメント!という方は多いのではないでしょうか?

『表現』をしたり学んだりするには刺激的な環境なんじゃないかなと思います♪また、近く(とはいっても4時間ほどかかりますが・・)にはグランドキャニオン国立公園やセドナもあり、村主さんのInstagramにも壮大な景色が投稿されています♪

ちょっと行くとこんな自然もあるなんて、羨ましすぎます!!

ラスベガスという場所に魅力を感じたのもとても共感できます♪

また、別の面では村主さんはバイセクシュアルを公表されているとのこと。

2016年6月にテレビ番組でバイセクシュアルであることをカミングアウトされているようです!

インタビューでも次のように答えていらっしゃいます。

――「同性も恋愛対象になりうる」という理解でいいですか?

村主)はい。性別へのこだわりは、ほとんどありません。

別に男・女でも、男・男でも、女・女でも、別に好きになった人を好きになればいい、と思うんですよね。(中略)そこは「別に自由でいいじゃない」と思っているだけなんです。

引用:https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-skating2/

この発言を聞いてとても自由な感覚の持ち主だなと感じました♪男とか女ではなく、その人自身を好きになればどっちでもいいんじゃない?と!

個人的にはとても説得力があるしその通りだなと感じますが、公表したのはテレビ番組!

もちろんバイを公表して活躍されている芸能人の方はたくさんいらっしゃいますが、それを公表した事がきっかけで、日本よりも海外の方がより自由に過ごせると感じたり移住のきっかけになったのかもしれないなとも感じます。

こんな感じで、グラスが並ぶお写真を投稿されているのを見るとどうしても『あれ?デート?』と勘ぐってしまいますが(笑)素敵な存在の方がいるのかもしれませんね。

現在のパートナーがどんな方なのかはわかりませんが、どちらにしても村主さんは綺麗だし、仕事もバリバリパワーあるし、モテそう♪♪

今後パートナーのお話もあるかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

フィギュアスケートの選手として活躍をされ、その後のセカンドキャリアはラスベガスで振付師&映画制作会社を設立!

とてもパワフルな生活を送っていらっしゃいます♪プライベートの部分は見え隠れ??ですが、Instagramなどを拝見していると充実した生活をおくられているようです!

今後も多方面で活躍される姿を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ芸能芸術音楽
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました