野口五郎の娘・佐藤文音のピアノの実力は親の七光り?大学や受賞歴は?

音楽

今回は、歌手の野口五郎さんの長女の『佐藤文音』さんについてです!

文音さんは、幼少期からピアノを習い、現在は音大の『ピアノ演奏家コース』に通っていらっしゃる大学生です♪

芸能人のお子さんはどうしてもご本人の実力とは別に「親の七光りなの?」という声がつきものですが、文音さんのピアノの実力はどうなのでしょうか?

この記事では・・

◎ 文音さんと野口さんは共演済!七光りはある?
◎ 佐藤文音さんの大学は東京音楽大学?
◎ 文音さんの受賞歴などはある?

これらの内容を一緒にご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

1 文音さんと野口さんは共演済!七光りはある?


出典:https://jinsei-navi.com/1888.html

野口五郎さんと佐藤文音さんは、野口さんの本名が『佐藤』の為、佐藤文音さんとして活躍されています。

2021年6月5日にBS朝日『人生、歌がある』で文音さんのピアノ伴奏に合わせて野口さんの『これが愛と言えるように』を披露!

まさかまさかの共演にファンの方もびっくりされたのではないでしょうか?

その際には野口さんは自身のブログで、

本日「人生歌がある」で
文音のピアノ演奏で歌わせて頂きました。

引用:https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12678875259.html

と報告。しかも熊本でのコンサートについての報告の最後にたった2行だけ・・。とても控えめなところから人柄が出ているような気がしますね。

本番での様子は、とっても素敵な雰囲気のお二人。娘の文音さんにとっても貴重な時間だったと思いますが、野口さんにとってはこれはもう格別な時間だったのではないでしょうか?

また、2022年5月21日には、NHK交響楽団のソリストたちが集まって作った『ゲートウェイ・ゾリスデン』のコンサートにゲストとして文音さんが出演!

この時には、演奏を聞きに訪れていた野口五郎さんが客席からサプライズ登場!この時にも『これが愛と言えるように』を披露して共演をされたようです!

このコンサートに訪れていたガナルカナル・タカさんの奥さんでタレントの『橋本志穂』さんもInstagramで文音さんとお母さんの『三井ゆり』さんとのお写真を投稿されていました♪

ゲストとして招かれたのは、文音さんの実力からだったかもしれませんが、野口さんとの共演となるとその舞台の大きさ、注目度を考えると一般人にはなかなか経験できる事ではありませんし、『七光り』と言われることもあるのかもしれません。

 

ただ、注目度が高いほどご本人にかかるプレッシャーも大きい事は確かですし、そこから逃げずに共演できるという事は、それだけの実力が伴っていなければできる事ではないですよね。

スポンサーリンク

2 佐藤文音さんの大学は東京音楽大学?


出典:https://www.tokyo-ondai.ac.jp/school_subject

文音さんは2021年4月より東京音楽大学のピアノ演奏家コースに通われています。

野口さんのブログでは、入学の喜びを報告されていました。

プライベートな話が続いてしまいますが,長女が高校卒業で新たに受験したいと申しまして……
小さい頃からピアノを演っておりまして,勉強と両立しなければネ!とは言っていたのですが,何とか ピアノ演奏家コース に 合格💮 しました。

引用:https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12665183202.html

この時には、大学名は公表されていませんでしたが、以下のツイートでは大学名が公にされていました!

また文音さんんが通う『ピアノ演奏家コース』 というのは、普通の『ピアノ科』とはレベルが違うようです。。

これは。。すごすぎる・・入ってからも成績が悪いとピアノ科に落とされるほどとは!入学してからも常に向上心を持って過ごさなければいけない世界なんですね。

ここに通われているなんて、文音さんすごい!!

テレビ出演などはお父さんである野口さんの影響もあるかもしれませんが、実力は確かなもののようです!!

今後は『佐藤文音』さんとしてあらゆる方面で活躍される姿をみる機会が増えてきそうですね!

スポンサーリンク

3 文音さんの受賞歴などはある?

文音さんの実力がすごい事がわかったところで、橋本志穂さんのInstagramにも『コンクールで賞を取ったり‥』とありましたし、今まで何か受賞歴があるのでは?と気になるところですので調べてみるとやはりありました!

 

〇2022年2月:『第3回ヴィルトーゾピアノコンクール2022プレミアム』
◎F級プロフェッショナル部門第3位 
◎特別賞  ベリッシマソーノ賞

ベリッシマソーノは「とても美しい音」という意味です。ベートーヴェンのソナタ第18番全楽章を特筆に値する美しい音で弾ききり、全てを自然に歌いきったことが評価されました。特に第4楽章のテクニックの安定感は才能を感じさせました。

引用:https://aipiano.site/

〇2021年1月:SAKURA JAPAN MUSIC COMPETITION 2021ピアノ部門 東京大会 カテゴリーⅡ
◎奨励賞受賞:佐藤文音(国立音楽大学附属高校3年)

幼少期からピアノをされていたという事ですので、これ以外にも受賞歴はあるかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

◎ 文音さんと野口さんは共演済!七光りはある?
◎ 佐藤文音さんの大学は東京音楽大学?
◎ 文音さんの受賞歴などはある?

今回は野口五郎さんの長女『佐藤文音』さんのピアノの実力についてみてみました!

芸能人の子供というだけで色眼鏡で見られる事もあると思いますが、実際はとても素晴らしい実力の持ち主で、さらにさらにとても美人!!今後は、ピアニストとしてさらに活躍の幅を広げられる事と思います!

テレビにもまた出演していただきたいですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました