榊英雄の妻は橘いずみで子供は2人姉妹!気になるインスタ投稿も!

俳優

こんにちは!kouです。

今回は、榊英雄さんについてです。

榊さんと言えば俳優として、映画監督として活躍されていますよね。名前は知らないけど見たことがある!!という方は多いはずです。

そんな榊さんのプロフィールや妻で歌手の『和』(橘いずみ)さんや家族、さらにインスタに気になる画像がありましたので一緒に見ていきたいと思います。

1 榊英雄のプロフィール

名前:榊英雄(さかき ひでお)

生年月日:1970年6月4日

出身地:長崎県五島市

大学進学を機に福江島から福岡へ転居。アルバイトの面接でディスコに受かり、働くようになってダンスに興味を持ち、4年間ダンスに没頭。福岡のダンスチームに所属していたこともある。このことから、公式プロフィールでは特技をダンスと記している。

大学卒業後に上京。たまたま見つけた古厩 智之監督の映画「この窓は君のもの」オーディションに応募し、合格いきなり主演デビューを飾る。演技に目覚めたものの、その後はなかなか仕事に恵まれずにいたところ、片岡礼子から「自分で脚本を書いて監督をしたら主役ができる」と諭され、一念発起。1996年に自主映画『“R”unch Time』を監督。第1回目『インディーズムービー・フェスティバル』で入選。そのクロージングパーティーで出会った北村龍平にVERSUS』への参加を要請される。これが評判となり、ようやく俳優業も軌道に乗る。

2012年に「スーパー戦隊シリーズ」第36作『特例戦隊ゴーバスターズ』に司令官・黒木タケシ役でレギュラー出演。同作に出演中の同年8月24日、書店で盗撮行為を行っていた男性を取り押さえ、犯人逮捕に貢献した。これを受け、メディアでは「(『ゴーバスターズ』の)司令官が盗撮犯を取り押さえた」と報じられ、話題になった。

引用:Wikipedia

様々な作品に出演されていますが、榊さんのお名前は知らなかったという方も少なくないかもしれません。ただ、確実に名俳優として存在感は増してきていましたよね!

2 妻の『和』は歌手で映画の音楽担当

榊さんは2005年にシンガーソングライターの『橘いずみ』さんとご結婚!

橘いずみさん(現在『和』)の記事はこちら↓

【画像】和(橘いずみ)の現在がヤバイ!夫は榊英雄で子供は姉妹2人!
こんにちは!kouです。 今回は、シンガーソングライターの『和』こと橘いずみさんについてです! 橘さんと言えば『永遠のパズル』で有名! ドラマ『この愛に生きて』の主題歌として歌われ、聞いた事がる方も多いのではないで...

 

橘さんと言えばドラマ『この愛に生きて』の主題歌『永遠のパズル』が有名でご存じの方も多いのではないでしょうか?


出典:https://nozawahisashi.blog.ss-blog.jp/2010-10-04

ドラマは安田成美さん、岸谷五朗さん、豊川悦司さん等が出演されていて、夫婦関係の悪化→不倫から始まる物語です。

その時の主題歌がこちら!力強い歌声で、かっこいいですよね!

現在は『和』(いずみ)に改名し活動がされており、榊さんが映画監督を務める「ハザードランプ」「蜜月」の音楽も担当されています!

夫婦で同じ作品に取り組む姿は公私ともに信頼できる存在という事なのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和 -IZUMI -(@sakakiizumiroom)がシェアした投稿

また、榊さんには2人のお子さんがいらっしゃいます!


出典:https://wp2019.jp/sakakihideo-yome/

姉妹は、2007年11月5日に長女、2011年11月5日に次女が産まれており、何と同じ誕生日!!すごいですよね!!4歳差なので、そんなに大きな喧嘩はなさそう??です。

3 榊さんの気になるインスタ画像


出典:https://piapro.jp/t/eTh7

榊さんの一番最近のインスタでは『同じような朝、同じではない朝』というような投稿がありましたが、現在インスタは非公開になってしまいました。。ので画像はありませんが、上の写真のように電線のようなものと空(駅のホームも映っていたかな??)が映っていました。その投稿が今回の性加害ニュース前最後の投稿で、コメントとともに空の写真が投稿されており、意味深でした。

 

その時、記事になる事がわかっていたのかどうかはわかりませんが、それ以降投稿されていない事を考えると何らかの情報が本人に伝わっていた可能性はあるのではないかと考えられますよね。

まとめ

1 榊英雄のプロフィール

2 妻の橘いずみは歌手で映画の音楽担当

3 榊さんの気になるインスタ投稿

今回は榊英雄さんについて見てみました。俳優として映画監督として、活躍されていたのに今回の性加害のニュースは事実はどうであれ誤解されるような事があったこと、傷ついている人がいるという事はとても悲しい事ですよね。家族の存在もあったのに残念でしかたありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました