本谷有希子の性格がヤバイエピソードまとめ!生い立ちや家族構成は?

芸能

今回は、作家でテレビなどメディアにも多く出演する『本谷有希子』さんについてです。

本谷さんと言えば、毎週火曜夜11時から放送の『セブンルール』に出演されていて、そのイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

また、テレビや作家としての活動だけでなく、20歳の頃に『劇団・本谷有希子』を旗揚げし、作・演出を手掛けています。

そんな本谷さんについてこの記事では・・

◎ 本谷有希子さんの『性格がヤバイ!』と噂のエピソードまとめ
◎ 本谷有希子さんの生い立ち(プロフィール)は?
◎ 本谷有希子さんの家族構成は?

これらについて一緒にご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

1 本谷有希子さんの『性格がヤバイ!』と噂のエピソードまとめ


出典:https://www.zakzak.co.jp/smp/lif/news/181226/lif1812260001-s2.html

セブンルールに出演された際のコメント時にも『本谷さんの性格がヤバイ!』と話題になる事があるようですが、本当なのでしょうか?これまでのエピソードとともに見ていきたいと思います。

◎ 劇団の旗揚げ資金は祖母から&劇団員のギャラは0円

劇団旗揚げのための資金は祖母からせびり、その後もことあるごとにお金を出させた。しかし、そのように祖母をパトロンにする一方、劇団員へのギャラはなんと0円。しかも、本谷は「何であげなきゃいけないの?」とまで言い放っている。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1904/

◎ 役者へのスパルタ演出がヤバイ?

スパルタ過ぎる演出で役者が血尿出したり、円形脱毛症で髪が抜けたりするのはザラ。しごきまくった俳優に「しんどくて電車に飛び込みそうになりました」と言われたことまであると言う

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1904/

舞台を作り上げるというのは、それはそれは大変な作業だと思いますし、スパルタな部分もあるのかもしれませんが、しんどくて電車に飛び込みそうになるほど追い詰められてしまうと、それはそれで違う気も・・。

ただ、演出という立場でお客様へ満足してもらおうと思うと、どうしても力が入ってしまうのかもしれませんね。

そういえば以前子育てに関しても、そんな『思い込んだら突き進む』というエピソードがありました!

母乳育児がまったく軌道に乗っていないことも気がかりで、「このまま行けば我が子の免疫力は低下。その影響でゆくゆく学力や自己肯定感、進学率や就職率や結婚率や生涯年収にも重大な影響が及ぶだろう」と思いつめた私は、産後の体に鞭を打って、不眠不休で授乳に励んだ

言語能力を高めるためにと、まだろくな反応もない赤ん坊に必死になって話しかけたり、スキンシップを夫に強要したりと、まるで何かに取り憑かれたように育児をする私を見て、家族は「怖い」と怯えたが、私は聞く耳を持たなかった。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84442?page=2

私も出産を経験していますが、出産後は自分自身も自宅にこもっていますから、参考にするものがネットの情報という事もあったり、『これがいい』と目にすれば実践する気持ちはとても理解はできます!ただ、性格もあると思うのですが、本谷さんは真面目で『こうしよう』と思ったら突き進むタイプなのかもしれませんね!

◎ 友達からの意見も・・

友達からも「よくわからない子」だと言われていて、「将来は社会不適合者だ」とまで言われていたようです。

引用:https://buzzshogun.com/archives/5995

◎ 妹との関係も・・

◎「お父さんとお母さんは私のパシリを産んでくれた」と思っていた。

◎大人になってから妹から「悪魔だと思っていた」と言われた。

◎妹は、決して自分の子を預けないらしい。

引用:http://xn--tv-273a1esg.com/2017/12/7rules-motoya-yukiko.html

 

◎植物が枯れていく?
性格とは関係ないですが、、本谷さんのTwitterでの投稿↓本谷さんの前に置いているアジサイがみるみる枯れていったそう。。

植物が枯れていくというのは、何か見えない力を感じてしまいますが・・(笑)人間ではなく植物というところが妙に何か説得力のようなものがあるというか・・。

スポンサーリンク

2 本谷有希子さんの生い立ち(プロフィール)は?


出典:https://numero.jp/interview101/

名前:本谷有希子(もとやゆきこ)
生年月日:1979年7月14日
出身地:石川県

本谷さんは、石川県出身だったんですね!

◎中学時代はテニス部のキャプテン
◎石川県立金沢錦丘高等学校に進学(高校では演劇部に所属)
◎ENBUゼミナール演劇科(松尾スズキさんのクラス)に入学
◎20歳の頃、劇団・本谷有希子を旗揚げ

元々演劇に興味があったのかはわかりませんが、高校で演劇部に入った事でさらに演劇の世界にのめり込んでいったのかもしれませんね。

松尾スズキさんから演劇の指導を受けていたという事で、その後間もなく自身の劇団を旗揚げするというところもその行動力が本当にすごい!!

ただ、この劇団では、2022年6月には「梅雨の走りの本谷有希子『マイ・イベント』」の全公演が中止になるという異例の発表がされ話題になりました!

「稽古を重ねてまいりましたが、現段階ではお客様にご覧いただき、お楽しみいただくクオリティーに到達できないと判断いたしました。キャスト・スタッフの皆様にも最後まで尽力いただきましたが、作品をまとめあげることができず、誠に勝手ながら公演中止とさせていただきます」

引用:Yahoo!ニュース

これ以上の説明は現段階ではなく、公演2日前という事で不満の声が続出していました。

たしかに、公演2日前に全公演中止というのは、その舞台を楽しみにしていたお客様もいらっしゃるだろうし、遠方からくる方は会社を休み電車のチケットを取り・・など、すでにキャンセル料がかかってしまうものもあるだろうからもう少し早く決断してほしかったという気持ちも理解できますよね。

うーん・・原因はわかりませんが、残念という言葉しか。。

また舞台をされる際は是非千秋楽まで無事に公演できるといいですね。

<作家としての活動>

◎2007年:『遭難、』で鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞
◎2009年:『幸せ最高ありがとうマジで!』で岸田國士戯曲賞を受賞
◎2011年:『ぬるい毒』で野間文芸新人賞
◎2013年:『嵐のピクニック』で大江健三郎賞受賞
◎2016年:『異類婚姻譚』で芥川龍之介賞受賞

本を出せば賞を取る・・そんな感じですよね・・。

今後もジャンルに囚われず、あらゆる方面で活躍されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

3 本谷有希子さんの家族構成は?


出典:https://book.asahi.com/article/14395709

本谷さんのご家族については一般の方なので詳細はありませんでしたが、ご両親と6歳年下の妹の4人家族だそうです。

また、本谷さんは2013年に作詞家の『御徒町凧』さんと結婚


出典:https://ameblo.jp/stomperspunk/entry-12334737283.html

御徒町凧さんは、歌手の森山直太朗さんと高校時代からの友人で森山さんの楽曲の歌詞なども担当されているのだとか?

森山のデビュー初期は共作詞のみだったが、2005年以降は作曲も共作名義となっている。

引用:Wikipedia

相当な信頼関係のもと長年一緒にされているんですね!

そんな御徒町さんとの間には2人お子さんがいらっしゃって、
2015年10月に長女を出産、2021年3月に長男を出産されています!

という事は、下のお子さんはまだ1歳ちょっとという事ですね。それは毎日寝不足との闘い・・。まだまだ目が。。ではなく手が離せない時期。

2022年6月に舞台を予定されていたという事は、産後間もない頃から準備が始まり、動いていらっしゃったのかもしれませんね。

芸能人の方というのは、産後間もない頃から復帰される方が多いような気がします。周りのサポートがあるにしても母は一人ですから、どうしても自分でなければできない事もあるはずなので、尊敬しかありません。

スポンサーリンク

まとめ

◎ 本谷有希子さんの『性格がヤバイ!』と噂のエピソードまとめ
◎ 本谷有希子さんの生い立ち(プロフィール)は?
◎ 本谷有希子さんの家族構成は?

今回は、女優で作家の本谷有希子さんについて見てみました!

子育てに執筆活動に舞台、テレビ出演と多忙な毎日を過ごされていると思いますが、益々のご活躍を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました