キャッシュレス化でもメリットが多い小銭貯金!我が家の方法はこれ!

生活

キャッシュレス化でもメリットが多い小銭貯金!我が家の方法はこれ!

こんにちは!

小銭貯金をやめられない、2児の子育て中のkouです。
そうなんです。そんなに真剣に貯めているわけではないのですが、小さい頃から何となく家にある貯金箱。みなさんのおうちにもあるのではないでしょうか?このキャッシュレス化が進んだ時代でも、『いつの間にかちょっとしたお小遣いになっている』感覚がとても好きでやめられずにいます。小銭貯金と似たような感覚のポイントを貯めるのも大好きなんですが・・。今回は小銭貯金についてお伝えしたいと思います。

1 我が家の小銭貯金方法はこれが一番!

若い時にはそんなにしていなかったんですが、やっぱり小銭貯金をするようになったのは主婦になってから何となく再開しました。小学生以来だったんですが、はじめは気が向いた時とかお給料日に財布に残っているお金全部貯金とか。

そのうち、財布に50円以下の小銭があると必ず貯金する!というのをしてみると、1年で10000円程貯まるように。微々たるものですが、それでクリスマスのケーキ&チキンを買ってみたり、このあたりから小銭貯金がちょっと楽しみになってきたんです。

そして、次に始めたのがこれ!↓

365日貯金なんですが、ちょっとめんどくさいですが、1~365までの数字を書き、貯金したらその数字を消していきます。書くのが面倒ならパソコンで打ち込んで印刷しても!私はそんなに続くと思っていなかったので手帳の後ろらへんに記入しました。

ちなみにこれで66795円貯まる計算になります!!え?結構たまると思いませんか?私は1年で6万貯まったら、ちょっと年末楽しみ~♪と思い軽い気持ちで始めましたが、主婦のお財布そんなに甘くはありません。

そんなに毎日使わないし貯金出来る日は2~3日に1回くらいかな・・。の結果、実はこれを書いたのは昨年のお正月です(笑)かれこれもうすぐ2年が経とうとしています。ここまでくると半分意地ですよね。やめられなくなっています(笑)

私のように少しずつ貯金すると時間がかかるんですが、1回で500円とか貯金できるといくつか数字を消せるんですよね。例えば、210と155と135のようにいっぺんに3つ消せると1年もたたないうちに貯金完了してしまいます!この消すという作業が意外にもはまって、達成したい気分になります。

もし、小銭貯金に興味がある方は騙されたと思って一度やってみてほしいオススメ方法です♪

2 意外な効果!お財布の中がスッキリして気持ちがいい!

これは、意外な効果なんですが、お金を使った日は小銭が発生するので貯金をします。それがお財布の中がスッキリして気持ちがいい!そして、それが習慣になってくるとお財布に小銭が入っている事がなんだか気持ち悪くなってきます(笑)習慣ってすごいですよね。

私自身そんなにキッチリした性格でもないし、整理整頓が得意でもないんですが、財布だけはこの習慣のおかげでスッキリしています。スッキリした財布は金運を呼ぶと言われていますよね。我が家はまだ金運をお迎えできていませんが(笑)貯金が出来て気分もスッキリ、さらに金運アップすれば一石二鳥です!

また、貯めたお金は銀行へ行くときに100~300枚ずつ持って行って入金しています。今のご時世入金にもお金がかかる時代になってきましたので、小銭貯金には辛い現状です。めんどくさいですが、手数料を払うほど馬鹿らしいことはないので、地道に入金です!

3 子供のお金の勉強にもなる

貯金をする時には、子供と一緒にすると楽しくお金の種類を覚える事ができて一石二鳥です!キャッシュレス化が進んでいますが、お金を覚えないわけにもいかないですよね。

我が家では子供にお金を数えてもらい貯金箱に入れてもらっています。うちの息子は5歳なので、お小遣いはありませんしお金を自分で持つことはありませんが、少しずつお金に慣れていく意味でも小銭貯金はオススメです!

はじめは全然わからなくても、いろんな色や大きさ、形がある事がわかるだけでも楽しいですよね。小さなお子さんがいらっしゃる場合はお子さんと一緒にやってみると自然と身についていいなと思います。

まとめ

1 我が家の小銭貯金方法はこれが一番!

2 意外な効果!お財布の中がスッキリして気持ちいい!

3 子供のお金の勉強にもなる

いかがでしたでしょうか?

キャッシュレス化が進み、銀行やゆうちょへの大量入金もできなくなってきますが、少しのお小遣い感覚で貯めてみるとやっぱりワクワク楽しい♪子供と一緒にしてみると一石二鳥です!是非興味のある方は一度試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました