阪急電車の座席がフカフカなのはなぜ?素材やこだわり&グッズもある!

今回は、鉄道ファンの間でも度々話題になる『阪急電車の座席』についてです。

阪急電車と言えば、神戸・宝塚~大阪~京都と関西の観光地を網羅できる路線!車両はワインレッドで関西在住の私にとってはとても馴染みのある路線です。

そして、その阪急電車の座席がフカフカなんです!当たり前のように座っていましたけど、思わず座席を撫でてくなるような毛並み?近くに来られた際には是非乗っていただきたい電車です。

そんな阪急電車ですが、アメリカのラーム・マニュエル日米国大使が阪急電車の座席をべた褒めするツイートをされていました!

大使という事は、世界中の乗り物に乗ったり、座り心地のいい椅子に座ったりと、最高級のものに触れる機会もたくさんあるはず。

そんな方が、阪急電車の 座席を気に入ってくださるなんて、嬉しいですよね♪

そこで、改めて疑問に思ったのは・・

◎何で座席がフカフカなのか?
◎どんな素材でできているのか?
◎座席の生地を使ったグッズはあるのか?

という事。この記事では、これらを一緒にご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

1 座席がフカフカなのはなぜ?


出典:https://suminoe.co.jp

電車の座席なんてどれも一緒なのでは?と思いますが、確かに阪急電車の座席は少し盛り上がりがありフカフカ、手触りもとてもいいんです。

その理由は・・

座席は「盃(さかずき)ばね」という、円錐形のばねを組み込んだ金枠に、フェルト生地、クッション(スポンジ)、白い帆布生地、そして最後に「ゴールデンオリーブ」色の生地を重ねた構造になっています。

ばねとフェルト生地の間に挟まれたグレーのシートは、ばねや金枠が直接体にあたらないようにするためで、その上に衝撃吸収用のクッションを重ねています。

引用:https://tokk-hankyu.jp/articles/train/20437/

ちょっと難しい表現ですが、阪急電車の公式ツイッターによると。。

なるほど!わかりやすい(笑)スプリングがきいていて、その上にクッションやスポンジ、生地を丁寧に重ねる事でふわふわの座り心地になっているんですね♪

スポンサーリンク

2 座席はどんな素材でできている?


出典:https://m.facebook.com/hankyu.ex/posts/1731939233511461

座席の色は、緑色とワインレッドは今はもうないのかな?あったような気もするけど・・

この色は『ゴールデンオリーヴ』というらしいです!

なんか名前も豪華(笑)

そして、あのずっと触っていたくなる生地は『モヘアモケット』(アンゴラ山羊の毛)という生地だそうです。

モケットとは、厚手で“けば”のある起毛した生地のこと。その中でも、起毛の復元力が高く、汚れにくく、毛抜けが少なく、色あせしにくく、そして保湿性に優れていて、感触が良いといった生地を使っていて、実はかなりの高級品なのだそう!

引用:https://tokk-hankyu.jp/articles/train/20437/

阪急電車、そんな高級素材を使っていたんですね・・すごい・・。

なんとなく、その高級な雰囲気がただよう理由がわかるというか、関西の方なら伝わると思いますが、『阪急沿線に住んでいる』=『お金持ち』という認識です!

「神戸のどのへんに住んでるの?」

「阪急沿線」という会話を聞くと、いいところに住んでいらっしゃるんだなと(笑)

そんなお金持ちエリアの方も乗車する阪急電車♪高級素材で、たくさんの方をもてなしていただいて感謝です!

スポンサーリンク

3 座席の生地を使ったグッズがある?

座席の生地を使った商品があるのか気になりますよね(笑)

調べてみるとありました!これまで期間限定で販売されたグッズたち♪
(同じ生地を使っている阪急バスの座席の生地グッズもありました!)

◎コースター


出典:https://www.hankyu.co.jp/ekiblo/tamamika/27503/

◎座布団

なんと8500円!高級座布団!!


出典:Twitter

◎ペンケース(3450円)


出典:Twitter

◎長財布(12760円)


出典:Amazon

◎トートバック(18500円)


出典:Twitter

阪急バスのものを含めると思った以上にいろんな商品展開されているようです!

他の商品、違う電車の生地の商品もありましたので気になる方はこちらをご覧ください♪

NIPPONSEAL
まもなく創業100年を迎える老舗モケットメーカーの日本シール㈱よりモケットグッズがリリースされました。縦糸と横糸にさまざまな糸をパイルとして織り込むことにより、 耐久性が高く、滑らかな肌触りのモケットが織りあがります。古くから鉄道車両やバスの座席の表皮材として愛用されてきましたモケット特有の滑らかな風合いをお確かめくだ...
スポンサーリンク

まとめ

◎何で座席がフカフカなのか?
◎どんな素材でできているのか?
◎座席の生地を使ったグッズはあるのか?

今回は、阪急電車の座席がフカフカなのはなぜなのか?また生地を使ったグッズがあるのかどうかを調べてみました!

電車という日常生活で使用する電車がこだわりをもって作られている事を知ると、また違った気持ちで乗れそうですよね♪近くの方も遠くから関西へ来られる方も、是非座席の心地よさを実感してください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出かけ
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました