2人目不妊治療。再開した我が家のきっかけとやってよかった対策とは?

その他

2人目不妊治療。再開した我が家のきっかけとやってよかった対策とは?

こんにちは。

現在2児の子育てをしていますが、我が家は1人目から不妊治療をしてありがたい事に子供を授かることができました。1人目の出産時に「こんなに出産が痛いなら二度と子供は産まない!」と心に決めながらも、1人目の時に採った卵を破棄する事ができず、2人目も諦めきれずにいました。

そんな我が家で、2人目の不妊治療を再開。その際のスケジュールとやってよかった対策をお伝えします。

1 不妊治療を再開したきっかけは「後悔したくない!」

2人目の不妊治療を再開したきっかけは、38歳の頃。「今すぐ妊娠してもぎりぎり40歳手前での出産になるのか」と自分の中でのひとつの区切りであった『40歳』という年齢が現実的に近づいている事を実感し始めた事でした。

40歳を超えての出産が嫌だという事ではなく、1人目が2歳になり、2人目を産まないなら今後の為にしっかりと仕事もしていきたい等、その後のライフスタイルを考える時期でもありました。また、夫は私よりも年齢が上という事もあり、当時2人目出産には反対の気持ちの方が勝っていたのも感じていました。

それでも、いつまでも悩んでもしょうがない!1人目の時に不妊治療を選んだ際にも思った事ですが、「あの時やっておけばよかった」と後悔したくない。という気持ちが強かったんです。

我が家の場合、1人目の時に通っていた病院は名古屋にあり、不妊治療再開時に住んでいたのは京都、1年後には大阪へ引っ越す予定でした。その為、名古屋へ通うにしても京都に住んでいるこの1年がリミットだなという自分で終わりを決められたのも再開に踏み切れたきっかけかもしれません。

夫とも相談し、名古屋の病院に保管しているいくつかの卵がなくなったら採卵はせずに諦めようと決め再開する事になりました。

ちなみに、病院を変えて一から治療をする事は選択肢にはありませんでした。まだ、卵が残っていたのと、新たに違う病院で再開する時間がもったいなかった&新たに始めるよりも少し遠いが名古屋に通う方が金銭的にも抑えられると思ったからです。

 

2 再開に向けてやった事は周りに協力してもらう事!

そう!1人目の時には、職場にも夫以外の家族にも不妊治療をしている事を言えずにいました。偏見があったら嫌だな、仕事を休む度に気を遣うな、家族に余計な心配をかけるんじゃないか・・。等。いろんな思いがあったんだと思いますが、私は言えなかったんです。

でも2人目となるとそうはいきません。まず、職場へは正直に言う事にしました。ただ『休みたい』という事だけでは迷惑だけをかけてしまうだけなので、月に何回程、どういう状況になると急な休みが必要になるか、その時の私の仕事の対応と対処法はどうするのか等、細かく説明をして安心してもらえるように上司と私が休む事で影響を与えるであろうメンバーに話をしお願いをしました。

とっても勇気がいる事でした。勇気がいるけど、仕事をしながら不妊治療にも短期集中したい私にとっては、職場の協力なしには成り立たない事が目に見えていました。

当時の職場は独身の方が多かったのですが、ありがたい事に本当に支えられて、勇気を出して言ってよかったなと感謝しかありません。

ただ、いろんな状況の方がいらっしゃるので、職場に言えない人もたくさんいらっしゃるかもしれません。言う方がストレスになるなら言う必要はないのですが、不妊治療は予定が定まらないので大変ですよね。ちゃんと説明する事で思った以上に楽になる事もありますので、もし協力してくれるかも?と思える職場であれば勇気を出してみるのもいいと私は思います。

また、母にも伝える事にしました。上の子は当時保育園に通っていましたが、子供が体調不良の時と私の病院が重なってしまった場合等、実際にはお願いする事はなかったですが、話しておくと安心できました。

3 病院にもはっきりと状況を伝える

これも案外大切な事でした。

1人目の時は、初めての事だしどちらかと言えば『病院側の言われるがまま』でした(笑)特にスケジュール管理に関しては、無駄に足を運ばなくてもいいようにまとめてできる事は一緒にお願いをして、時間に関しても息子を保育園へ預けてからお迎えの時間までに帰らなければいけないので、病院に滞在できる時間はかなり限られていた為、比較的スムーズにできそうな時間やスケジュールにしてもらいました。

これも案外やってみると「なんだ。これ言ってよかったんだ」と思える事もたくさんありました。病院側もできないものはできないと言ってくれますし、代替案を出してくれる事もあります。あくまでもこちらのわがままではなく、工夫出来る事はないか相談するスタンスで(笑)

不妊治療中は、職場で気を使い、病院でも気を使い、気を使いまくりですよね(笑)それはそれでどうにもならない面も多々あるので、ストレス溜めることなく目標に向かって進んでいきましょう!

まとめ

1 不妊治療を再開したきっかけは「後悔したくない!」

2 再開に向けてやった事は周りに協力してもらう事!

3 病院にもはっきりと状況を伝える

いかがでしたか?上の子の子育てをしながら2人目に向けての不妊治療を行う事は、体力も精神力も経済面もいろんな面でタイミングがあると思います。

ただ、「よし!」と思った時に動けるように心の準備をしておくのは大事かもしれませんね。このブログを読んでくださっている方が近いうちに幸運に恵まれる事を願っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
ayaをフォローする
A-note

コメント

タイトルとURLをコピーしました